昔の提灯
流光揃目出多喜縞
歌川豊国(三代)画
(岐阜市立歴史博物館)
提灯は、昔から「ちょうちん」と発音したらしく、「てうちん」「ちゃうちん」等と書かれています。また、漢字は、提灯、桃燈、張燈と書かれています。
提灯のことが書かれた考証で、最も古い記録文と思われるものは、応徳2年(1085)の『朝野群載』ですが、平安時代末期に、すでに提灯があったかどうか確認する資料はありません。
 提灯が描かれる最も古い絵画資料といわれている、室町時代、天文5年(1536)完成の『日蓮聖人註画讃(巻第五)』には、折りたたみができ、かご状でない提灯が描かれていますが、近世の提灯に見られる張輪はまだついていません。

貞丈雑記
(西尾市岩瀬文庫)
 江戸時代以前は、主として天皇家・貴族・武家・僧侶の上層階級で使われていて、庶民が、本格的に宗教的儀式のお盆や日常生活の照明器具として使い始めたのは、ローソクが大量生産になって安く入手できるようになった江戸時代以降のようです。
 上層階級の提灯の使い方は、従来の松明に替って、紙と木の覆いをつけた灯台、あんどんのごとき実用品としても使っていましたが、多くは宗教的祭礼や儀式として、石灯籠・釣灯籠・切子灯籠のように仏前に供える献灯具となっていました。
 江戸時代中期以降、提灯の種類・用途は多種多様な展開を見せ始め、もはや単なる用具としての域を脱し、人々の慣習、制度、信仰、美術などを具現化する文化の担い手として、欠くべからざる地位を築きました。

昔の提灯の種類
箱提灯:円筒形の竹籠に紙を張った火袋で縮めると上下の輪の中にたたみ込める構造で、後世にはこれに工夫をしたものが続出して、柄をつけたものや灯火つけたまま定置できるように火袋の上から中へ棒を差し込んで支柱としたものもでてきました。(小田原提灯、飛脚提灯)
ブラ提灯:球形又は卵形の火袋で、棒の先に吊り下げる提灯。はじめは常用に堪えがたかったが、いろいろと補強され、お店の客の送迎や足元を照らすのに用いられました。
高張提灯:名称のとおり、高所に張られる提灯。提灯を長い棒の先につけたり、上下に腕木をつけた棒の間に張って用いられた。一般用には遊船、納涼、盆踊り、火事場、物見などに、祭礼用には御神灯、献灯などの文字入りで社頭や町門に立てて用いられました。
弓張提灯:もとは「馬上提灯」と呼ばれ武士が用いたものでした。ブラ提灯を、弓で火袋を張り、ろうそくの火を点けたまま床におけるようにしたものです。日常の移動用灯火具として用いられました。丸形、丸長形型、長形がありますが、長形のものはお祭りでも用いられました。
馬上提灯:弓張提灯と同じく、自立して展開する丸形の提灯。名称とおり、本来騎馬の時に使用されたようで、提灯が腰にあたらないよう丈の短い丸形が多く使用されました。
がんどう:銅又は鉄の薄板で釣鐘形に造り、内側のろうそく立てが回転する仕掛けで手元が暗く先方だけ明るく照らす照明具。
ほかに、玩具提灯、からくり提灯、傘提灯などがあります。
岐阜提灯の起源沿革

押絵行灯 岐阜県(野田市郷土博物館)
17世紀頃 ・・・岐阜における提灯製造起源説
岐阜で提灯が製造され、尾張藩を通して幕府に献上したとされています。現在のものとは異なり、一般的な提灯であったと思われます。
その起源については、慶長年間(1596〜1615)、慶安3年(1650)などがありますが、伝承を基に後世に記されたもので確証はありません。
享保年間 (1716〜1735)
この頃、提灯に美濃紙が広く用いられた。
宝暦年間 (1751〜1763)・・・岐阜提灯の基礎が固まる
岐阜町の御提灯屋十蔵が御用の提灯張りをしていました。
現在の岐阜提灯に近いものが、江戸、京都、大阪に現れることから、この頃にその基本ができていたと思われます。

文政年間 (1818〜1829)・・・彩色した岐阜提灯
この頃、江戸では、岐阜提灯などが白地色から草花の彩色画を施したものに好みが移っていったことが知られています。また、この頃、京都の公家の詠草にも色草を彩色した岐阜提灯が詠み込まれています。
天保13年 (1842)・・・薄紙絵岐阜提灯
この頃の江戸で薄紙絵を用いた岐阜提灯のことが、売価とともに文献に記されています。
嘉永6年 (1853)・・・岐阜提灯の特徴
この頃、岐阜提灯は骨細で薄紙を利用し、美しい絵が描かれ、盂蘭盆や照明などの日用品にも用いられていました。また、高価で富者のみが用いていました。
文久2年 (1862)・・・ヨーロッパでの日本文化ブーム
この年、訪欧した日本使節団がオランダのティヴォリ公園で、岐阜提灯がつるされているのを見る。
明治11年 (1878)・・・新時代への再興
明治天皇の岐阜市行幸において岐阜提灯についての話題がでたこと、明治13年に200個のお買上げがあったことなどから、停滞していた提灯業界に再興を図る動きが出てきました。
明治18年 (1885)・・・特産品としての地位を築く
東京・京都・奈良の博覧会に出品。同年と翌19年には東京、20年には京都で見本市を開催し、営業としての見込みを確立しました。
明治19年 (1886)・・・新商品の開発
二重張、絹張の提灯を製作。
明治22年 (1889)
大内行灯を製作。
明治26年 (1893)
花瓶形、ひょうたん形、四角形、六角形等のいわゆる変形提灯を製作。アメリカ・コロンブス博覧会への出品を機に、海外より大量注文を受けました。
明治中期
この頃、岐阜の勅使河原直次郎を中心にして、絵刷り込みなどの量産技術が、友禅染等の他工芸分野より移植されました。

Copyright(C)2001 Gifu lantern cooperative All right reserve.